住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】

安心して住めるマイホーム

重機

安心して住めるマイホームのためには、適切に地盤調査を必ず行う必要があります。戸建て住宅ではスウェーデン式サウンディング試験が一般的です。安全側の測定ねため、地盤改良の必要も出てきますが、お金をかけてでも地盤改良を行うことで強固な地盤で安心して暮らすことができます。

詳しく見る

地震被害

種類と特徴を把握する

地盤沈下などのトラブルを回避するために、新築住宅を購入したときに地盤調査が必要です。スウェーデン式サウンディング試験、レイリー波探査法、ボーリング試験などの種類があります。それぞれ特徴が異なりますので、地盤状況に応じた調査方法を選びましょう。

詳しく見る

男性

災害への確実な備え

マイホームを建てる際は、地震や火災などの災害対策をしっかり行うことが重要です。また、充実した保険をかけることも必要です。特に、地震については地盤調査をして、しっかりと地震に耐えられるのか確認することが必要であり、地盤が弱い場合は地盤補強をする必要があります。

詳しく見る

工事現場

建てる前に行う

建物を建てる前に行うべきこととしては地盤調査があります。どのような建物であっても地盤が強固なものでなければ地震や水害によって崩壊するリスクがあります。このため建物と地盤はセットで考えなければなりません。地盤調査によって問題があるとわかれば改良工事を行うことで将来のリスクを最小限にすることができます。

詳しく見る

重機

土地に関する調査

地盤調査とは、地質学及び土質工学の点から土壌の状態を調べる調査のことです。スクリューを貫通させた時の負荷で地盤の強さを調べる方法の他にボーリング法やサンプル法など様々な方法があり、地盤に応じて複合的に実施されます。最終的に報告書にまとめられて、改善すべき点についてはその対策法が提案されます。

詳しく見る

地盤の調査と改良工事

男女

適切な業者の選び方

地盤の強度は地域によって大きく異なりますが、同じ地域の中でも画地によって違いがある場合もあります。そのため、住宅を建築する場合には、その基礎の下の地盤に十分に強度があるかどうか地盤調査を行うことが必要です。地盤調査の結果、地盤が弱かったからと言って住宅を建てることができないわけではありません。適切な地盤改良を行えば、住宅を建てることができます。そのため、地盤の強度がどの程度あるかを調べることは大変重要なポイントになります。地盤調査を行う場合、住宅メーカーが下請け業者などに調査依頼をすることがありますが、信頼のおける第三者に依頼するほうが安心できます。住宅メーカーに依頼した場合、地盤調査から地盤改良までを同じ業者が行うことがありますので、十分なチェック機能が働かない恐れがあるからです。地盤改良をしておけば安心できることは間違いありませんが、過度に地盤改良をしてしまうと費用も掛かりますし、建替え時に廃棄物がたくさん生じることにもなります。きちんとした地盤調査を行って、その結果を踏まえて、どのような地盤改良工事が望ましいのか、それぞれの専門家で検討してもらうことが大切です。地盤改良には、表層改良や柱状改良など地盤の強度によって様々な方法があります。費用も数十万円から数百万円までと幅がありますので、どの工法が一番いいのかは専門家でなければ判断できません。建物の重量や基礎の工法によっても影響してきますので、住宅メーカーも含めて検討する必要があります。

Copyright© 2017 住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】 All Rights Reserved.