住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】

災害への確実な備え

男性

災害の備えの豆知識

地盤対策について数年に1度は大地震が発生する日本で、家を建てるのであれば地震対策は非常に重要です。対策としては、地盤調査後に地盤補強することや、耐震構造・免震構造の家を建てるということが、一般的な方法です。その際、目安となるのが震度7に耐えられるかどうかということが1つの基準になります。家庭を持てば、誰もが1度はあこがれるマイホームですが、一軒家を建てる際は、災害対策をしっかりしなければなりません。災害の中には、地震や火災、降雨による土砂崩れ、川の氾濫など様々な種類があります。それらの対策は、住まいの市役所や区役所のハザードマップを確認することや、耐震構造の住宅を建てること、オール電化にすることなどで被害を最小限にとどめることができます。また、火災保険や地震保険は数社を比較し、毎月の支払いを無理なく、充実した補償がある内容を選ぶ必要があります。マイホームの建て方ですが、いざマイホームを建てるとなった場合は、必ず最初に地盤調査を実施します。土地の契約後に地盤調査を行うため、土地の契約前にあらかじめその地域の地盤について、不動産関係者から、話を聞いておくべきです。その土地が川の近くや、もともと田んぼだった場合などは、特に地盤が弱い可能性があるので、住宅を建てる際には地盤補強が必要になることもあります。地盤補強にも種類があり、状態によりけりですが、一般的な一戸建てで、経費は数十万かかるので、下調べは重要です。また、地盤調査費はハウスメーカー持ちのところもあるので、確実に確認すべきです。

Copyright© 2017 住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】 All Rights Reserved.