住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】

安心して住めるマイホーム

重機

建物の耐震性のために

住宅を建てる前には土地をきちんと調べる必要があります。地盤調査と言って、家を建てる土地の固さを調べて、地盤沈下などの欠陥がおこらないような適切な基礎を選ぶものです。地盤調査には主な三つの方法があります。スウェーデン式サウンディング試験、表面波探査法、ボーリング・標準貫入試験です。一般的な戸建て住宅の建築の場合には、スウェーデン式サウンディング試験が用いられることが多く、大がかりな機械を用いて行うボーリング・標準貫入試験はマンションやアパートなどの大型の建築の歳に用いられています。費用についてはかなり差があります。1番安価で出来るのが、スウェーデン式サウンディング試験です。費用は約3万円〜5万円になります。貫入試験は敷地内の4〜5点で行われます。表面波探査法は徐々に調査費用は下がってきていますが、約5万円〜8万円となります。そして、1番高額な調査はボーリング・標準貫入試験で約15万円〜25万円となります。地盤調査の判定には多少差が生じます。表面波探査法の調査では比較的地盤改良の必要なしと出やすい傾向にあり、スウェーデン式サウンディング試験では安全思考の検査のため、地盤改良が必要という結果が出やすい傾向にあります。表面波探査法で安全だという結果が出たけれど、それを信じて建築していいのか、スウェーデン式サウンディング試験で地盤改良が必要とされるも地盤改良には何百万という工事費用がかかるため、なかなか工事に踏み切るのは難しいと結果に悩むかもしれません。安心して住めるマイホームを手に入れるためには、地盤調査方法を理解し、お金をかけてでも地盤改良を行うにこしたことはありません。

Copyright© 2017 住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】 All Rights Reserved.