住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】

種類と特徴を把握する

地震被害

トラブルの回避目的で行う

新築住宅を購入するときには、事前に地盤調査をする必要があります。それというのも、地盤がしっかりとした土地の上で家を建てないと、後々生活をしていく中で大きなトラブルが発生するからです。特に、マンションやビルの場合には入居者の数が多いので、その被害が甚大です。もし地盤沈下が発生した場合にはその損害賠償金額はとても大きいものになります。その地盤調査には種類があります。一般的なものはスウェーデン式サウンディング試験というものです。その特徴はドリルを地盤に貫通させて回転をかけていきます。それがどの程度沈むかで地盤状況を確認します。試験方法が簡単で費用も安価です。ただし、この地盤調査は深度が10メートル以上必要になりますので、貫通することが難しい場所の場合は適用できません。また、レイリー波探査法という地盤調査もあります。その特徴は、調査対象になる地盤に振動を意図的に与えてそれがどの程度伝わるかを数値化するというものです。貫通させる必要はないため、地盤状態や場所は問いません。ただし、振動は深くまでは到達しませんので、深部の状況を知りたい場合には適切ではありません。さらに、ボーリング試験という地盤調査方法もあります。これはサンプラーを地面に打ち込むことで地盤状態を確認します。深部も確認できますが、調査するのに広いスペースが必要になります。このように、地盤調査には種類があり、その特徴もさまざまです。状況にぴったりのものを選ぶことをおすすめします。

Copyright© 2017 住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】 All Rights Reserved.