住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】

土地に関する調査

重機

具体的な調査内容とは

地盤調査とは、地質学的及び土質工学的な見地から土壌の状態を調べて上部の建築物をしっかりと支えることができるかどうか判断する調査のことです。特に大きな建築物を建てる場合には、土台となる基礎に悪影響が出ないように地盤調査を入念に行う必要があります。それでは、地盤調査の現場では具他的にどのような調査が実施されているのでしょうか。地盤調査の方法には様々なやり方があり、それぞれに調査できる内容が異なります。例えば、スクリューを地盤深くまで貫入させる方法ではその負荷によって地盤の強さがわかります。また、ボーリングを使った調査方法では地中に打ち込む回数が地盤の強さを判定する指針となります。その他、土壌の構成を調べるためにサンプルを採取する方法や鋼板に荷重を与えて沈下量を調べる方法などもあります。地盤調査においてはいずれか一つを実施すれば良いという訳ではなく、いくつかの方法を複合的に組み合わせて行うことでより精密な調査が可能となります。具体的にどういった地盤調査をするかはそれぞれの土地の状態によって異なるため、専門の調査員によって事前に下調べが行われることになります。調査結果は、後日報告書にまとめられて提出されます。現場データを基にして深部の地層の様子や傾斜の具合を図や表で表記してもらえる他、軟弱な部分の対処法なども提案してもらうことができます。調査と報告だけでなくその後の対策についてもアドバイスが行われているのです。

Copyright© 2017 住宅建築を検討しているなら地盤調査を受けよう【業者選びが大切】 All Rights Reserved.